お得に貯まる!勝手に貯まる!dポイントをザクザク貯める方法とは?

買い物の節約術

当ブログには、アフィリエイト・Google AdSense による公告を掲載しています。
記事内のリンクには、アフィリエイトリンクが含まれます。

2015年12月にNTTドコモのポイントサービスがリニューアルしました。
それまでの「ドコモポイント」から「dポイント」に名前が変わっただけでなく、ドコモのケータイ電話を持っていない人でもポイントを貯めて、そして使えるようになりました。

dポイントはローソンやマクドナルドのようなメジャーなお店でも使えます 。
ネットショッピングでも使えます。
今や Tポイント よりもメジャーな存在になりつつあるようです。

そこでこの記事では、dポイント をお得にザクザク貯める方法を紹介します。
ちなみに紹介するのは『裏ワザ』的な方法ではなく、すべてドコモが公式に認めている正規の手段ですので安心して使ってください。

dポイントは貯まりやすい!

ポイントをザクザク貯める方法の前に、dポイントが他のポイントサービスに比べて “貯めやすい” ポイントであることを紹介します。

還元率が高い

dポイントの通常還元率は 1% です。
100円 の支払いにつき 1ポイント がもらえます。

この 1% というのは、共通ポイントサービスの通常還元率としては高還元率です。
例えば、他のポイントサービスの Tポイント や nanaco(ナナコ)では通常還元率が 0.5%(200円 につき 1ポイント)です。

この時点で dポイント は Tポイント や nanaco よりも 2倍 も貯まりやすい と言えてしまいます。

通常還元率で貯まるお店が多い

dポイント の他にも 楽天ポイント や Ponta(ポンタ)の通常還元率も 1% です。
しかし、楽天ポイント や Ponta の加盟店の中には、通常還元率ではなく 0.5% の還元率が適用されるお店が結構多いです。

dポイント でも 0.5% の還元率が適用される加盟店がありますが、その割合は 楽天ポイント や Ponta よりも少ないです。
ほとんどのお店で 1% の通常還元率が適用されるので、楽天ポイント や Ponta より dポイント のほうが貯まりやすいと言えます。

dカード を入手する

dポイント を貯めるには ポイントカード が必要です。
dポイント を貯めるためのポイントカードには次のような種類があります。

カード名 カードの種類 年会費
dポイントカード ポイントカード 無料
dカード クレジットカード 無料
dカード GOLD クレジットカード 11,000円
dカード プリペイド プリペイドカード 無料
モバイル dポイントカード ポイントカード 無料

この中で圧倒的に dポイント が貯まるのは dカードdカード GOLD です。
どちらも電子マネー「iD」と「dポイントカード」機能が一体になったクレジットカードで、もちろんドコモが公式に発行しているカードです。

ドコモの発行するクレジットカードですが、ドコモの回線契約がなくても審査さえ通れば誰でも持つことができます。
手に入れてしまえば、あとは次のようにポイントがザクザク貯まっていきます。

常時 1% の高還元率

dカード での支払いなら、いつでも 1% の高還元率でポイントがもらえます。

dポイント加盟店かどうかに関わらず、dカード で支払いができれば 100円(しかも税込)につき 1ポイント の決済ポイントが貯まります。
もちろんネットショッピングでの支払いでもOKですし、dカード についている非接触型決済の「iD」を使っても dポイント がもらえます。

dポイント加盟店ならポイント2重取り

dカード にはポイントカードの機能もついています。
そのため、dポイント加盟店(dポイントが貯められるお店)でのお買い物で dカード を使って支払えば、

  • dポイントカードの提示ポイント 0.5〜1%
  • dカード の決済ポイント 1%

の両方がもらえる2重取りができるので、合計 1.5%〜2% の超高還元率 になります。

dカード特約店ならさらにポイントが加算

dカード特約店とは、dカード での支払い時に通常の決済ポイント 1% に加えて、さらに 0.5% 以上の特約店ポイントがもらえたり、割引が受けられたりするお店です。

例えば メルカリ なら 200円 につき 1〜3ポイント(0.5〜1.5%)、マツモトキヨシ なら 100円 につき 2ポイント(2%)の特約店ポイントが加算されます。

また、家電量販店の ノジマ ならお買い物の代金そのものが 3%割引 になります。

マツモトキヨシ や ノジマ は dポイント加盟店 でもあるので、dポイントカード の提示ポイントももらえます。
特に マツモトキヨシ では、提示ポイント + 決済ポイント + 特約店ポイント の dポイント3重取り ができてメチャクチャお得です。

他にも、ガソリンスタンドの ENEOS(エネオス)のように利用頻度の高いお店が dカード特約店 だったりします。

その他の dカード特約店 については下のリンクからチェックしてみてください。

ドコモのケータイ料金でポイント10倍

これは dカード GOLD だけの優遇特典です。

ドコモユーザーなら dカード GOLD を dアカウント に紐付けておけば、月々のドコモのケータイ料金が 10%(1,000円 (税抜)につき 100ポイント)dポイント還元されます。
dカード でも 1,000円(税抜)につき 10ポイント が還元されますが、dカード GOLD はその 10倍 の還元率です。

dカード GOLD の年会費は税込で 11,000円 なので、月々 10,000円(税抜)以上ケータイ料金を払っていれば年会費分を超える dポイント がもらえる計算になります。
ドコモのヘビーユーザーほど驚くようなペースで dポイント が貯まっていきます。

カード の 家族カード をつくる

独り身の人でない限りは dカード の家族カードを作ることで dポイント を効率的に貯められます。

カード名 カードの種類 年会費
dカード(家族カード) クレジットカード 無料
dカード GOLD(家族カード) クレジットカード 1枚目:無料
2枚目以降:1,100円

dカード なら最大2枚まで、dカード GOLD なら最大3枚まで家族カードが作れます。

家族カードでも、カード利用 100円 につき 1ポイント の dポイント がもらえます。
家族カードの利用で獲得した dポイント は本会員(本カード)にまとめて貯まっていくので、家族で協力してポイントを貯めることができます。

特に dカード なら、家族3人で1枚ずつ持っても年会費はずっと無料です。

貯まったポイントは通常だと本会員しか使えませんが、”ポイント共有グループ” を組めば家族で共有することも可能です。

他のポイントサービスでは、たとえ家族でも別々のアカウント間でポイントを共有することができません。
家族で貯めたポイントを家族でシェアすることができる共通ポイントサービスは dポイント だけです。

dカード の ETCカード をつくる

dカード の契約者なら ETCカード もあわせて申し込むことができます。

dカード の ETCカード なら、ETC の利用 100円 につき 1ポイント の dポイント が貯まります。
dポイント と NEXCO の「ETCマイレージサービス」のポイントとの2重取りもできるので、高速道路をよく利用する人には大変お得な ETCカード です。

dカード の ETCカード は初年度年会費無料
2年目以降でも、1年間に最低1回 ETCカード を使って高速料金などを支払えば年会費が無料になります。
ETCカード を持つような人なら1年に1回は高速道路を使うはずなので、事実上ずっと年会費無料みたいなものですね。

ちなみに家族カードでも ETCカード が作れます。
本カードと同じく還元率は 1% で年会費も初年度無料。
家族で別々に高速道路を使ってもれなく dポイント を貯められます。

d払い の支払い方法を dカード にする

d払い は街のお店やネットショッピングでの支払いを月々のケータイ料金に合算することができるドコモのキャリア決済サービスです。
スマホの QR/バーコード決済 にも対応していて、ウォレット機能もついています。

\ドコモユーザー以外の利用もOK/

アプリを使った QR/バーコード決済 だけならドコモの回線契約がなくても利用できます。
ペイペイ や 楽天ペイ に比べればマイナーなスマホ決済サービスですが、dポイント を貯めるなら必須のツールです。

この d払い の支払い方法に dカード か dカード GOLD(家族カードもOK)を設定しておくと、dポイントの獲得スピードが激増します。

還元率が常時 1.5% 以上

dカード を支払い方法に設定した d払い で買い物すれば、dカード の決済ポイントと合わせて 1.5% 以上の還元率になります。

街のお店なら 1.5%(200円 につき 3ポイント)、ネットのお店なら 2.0%(100円 につき 2ポイント)の dポイント が貯まります。

街のお店が dポイント の加盟店なら “dポイントカードの提示ポイント” ももらえるので、ポイントを3重取りできます。
d払い アプリの機能にある モバイルdポイントカード を見せると会計がスムーズです。

週末のお買い物でポイントアップ

毎週金曜日と土曜日には「d曜日」というネットショッピング限定のキャンペーンが開催されています。
月ごとのエントリーが必須なので、毎月忘れずにエントリーしておきましょう。
エントリーすれば、金・土曜日に対象のサイトで d払い を使ってお買い物をするとエントリーポイントが加算され、もらえる dポイント が必ず +2% になります。
d払い の利用ポイント・dカード の決済ポイントと合わせれば 4% の高還元率です。

d曜日 のスゴイところは、ポイント還元が dポイント での支払いに対しても適用されること。
つまり “ポイントを使ってもポイントがたまる” ことです。

dポイント をはじめとしたポイントサービスでは、ポイントを使って残った金額にだけポイント還元が受けられるのが普通です。
d曜日 なら使った dポイント に対してもポイントが付与されるので、例えば全額 dポイント で支払ったとしてもポイントが貯まってしまいます。

dポイント を貯めるのも使うのも d曜日 の d払い が最もお得なので、急ぎの買い物でなければ週末を狙って買ったほうがたくさんの dポイント を貯められます。

d払いアプリなら大幅ポイントアップ

QR/バーコード決済の d払い アプリでも期間限定のポイントアップキャンペーンが開催されています。

\ドコモユーザー以外の利用もOK/

この記事を書いているときは「セブン・イレブン での利用で最大 25% 還元キャンペーン」が開催されていました。

d払い アプリでのポイントアップキャンペーンは、支払い方法が dカード でないと対象にならないものが多いです。
QR/バーコード決済で dポイント をザクザク貯めるなら、d払い + dカード が最強コンビですね。

dカード ポイントUPモール を経由する

dカード ポイントUPモール はドコモの運営するポイントサイトです。
このサイトを経由してお買い物をし、dカード で決済すれば通常のポイントの 1.5~10.5倍 のポイントが手に入ります。

Amazon や 楽天市場 などの大手ショッピングサイトも名を連ねています。
楽天市場 のように d払い が使えないサイトでお買い物をするときは、忘れずに dカード ポイントUPモール を経由しましょう。

まとめ

それでは、dポイント をザクザク貯める方法をまとめてみましょう。

  1. dカード を入手
    • dカード決済で還元率(決済ポイント)が常時 1%
    • dポイント加盟店なら提示ポイントも2重取り
    • dカード特約店ならさらにポイントUP割引
    • dカード GOLD ならドコモのケータイ代 10% ポイント還元(税抜 1,000円 につき 100ポイント)
  2. dカードの家族カード を作成
    • 家族カードのポイント還元率も常時 1%
    • ポイント共有グループで家族で貯めたポイントをまとめる
  3. dカードのETCカード を作成
    • 高速料金の支払いでも 1% ポイント還元
    • 家族カードでも作れるのでポイントをまとめられる
  4. d払い の支払い方法を dカード にする
    • d払い 通常ポイントと dカード 決済ポイントの2重取り
    • d曜日キャンペーンでポイント還元率 +2%
    • ポイントで払った分にもポイント還元
  5. dカード ポイントUPモール でポイント加算
    • dカード決済で 1.5〜10.5 倍のポイントゲット
    • d払い が使えないサイトでもポイントUPが可能

dカード さえあれば難しいテクニックや裏ワザを使わなくても dポイント をザクザク貯められます。

これはdポイントに限らず全てのポイントサービスにいえることですが、より多くのポイントを貯めるならポイントサービス運営会社の発行または提携するクレジットカードで決済するのは常識中の常識。
楽天ポイントなら「楽天カード」、PayPayボーナスとTポイントなら「ヤフーカード」、Pontaなら「リクルートカード」といった具合です。

ということで、まずは年会費永年無料の dカードから初めてみましょう。(dカード GOLD へは後からでもアップグレードできますよ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました