povo 2.0 には手を出すな!デメリットだらけの改悪アップデート

格安SIM
スポンサーリンク

au の新料金プラン povo が povo 2.0 に進化しました。
基本料金 0円 から始められるということで、かなり反響が大きいようです。

しかし、賢い au ユーザーのみなさん、そして他社ユーザーのみなさんもだまされてはいけませんよ。
povo 2.0 はデメリットだらけの改悪アップデートだったのです。

スポンサーリンク

povo と povo 2.0 の違い

同じ povo でも、旧 povo(povo 1.0)と povo 2.0 では料金やサービスの仕組みが大きく違います。
まずは下の表で確認してみてください。

プラン名 povo 1.0 povo 2.0
基本料金/月 2,728円 0円
データ容量/月 20GB 0GB
速度制限 最大1Mbps 最大128kbps
契約可能な年齢 20歳以上 13歳以上
SIMカード変更(auから移行の場合) 不要 必要
eSIMへの変更(auから移行の場合) 不可
家族割プラス カウント対象 対象外
各種auユーザー向け特典 あり なし
LINEの年齢認証 対応 非対応

povo 1.0 と 2.0 で違う部分だけをざっくりと抜き出しました。
基本料金 0円 のインパクトに目が行きがちですが、かなりの改悪ですね。

povo 2.0 のデメリット

それでは povo 2.0 の改悪っぷりについて詳しく見ていきましょう。

データ容量

povo 2.0 では、データ容量を必要に応じて “トッピング” というオプションで購入する必要があります。

トッピング povo 1.0 povo 2.0
データ 1GB 550円(31日間) 390円(7日間)
データ 3GB 990円(30日間)
データ 20GB 2,700円(30日間)
データ 60GB 6,490円(90日間)
データ 150GB 12,980円(180日間)
データ使い放題 220円(24時間) 330円(24時間)
5分以内通話かけ放題 550円(1ヶ月間)
通話かけ放題 1,650円(1ヶ月間)
DAZN使い放題パック 760円(7日間)
smash.使い放題パック 220円(24時間)

まず、povo 1.0 では基本料金に含まれていたデータ容量 20GB で比較すると、2.0 では安くなっているとはいえ 28円 と差はわず
有効期間が 30日 であることを考えると、月によっては割り損です。

2.0 では大容量のデータトッピングほど有効期間が長く割安になりますが、これがまた曲者。
有効期間が長いほど期限を忘れがちになり、期限ギリギリに余ったデータ容量を使い切ろうとしても au お得意の速度制限で使いものにならず。
高額な大容量トッピングを買わせてデータ容量を余らせる魂胆こんたんが見え見えです。

その他にも、1GB のデータ容量追加では完全に割高ですし、24時間データ使い放題も値上げされています。

速度制限

なによりも最悪なのは、データ容量を使い切った後の通信速度が 1Mbps から 128kbps に大幅減速されていることです。

povo 1.0 での 1Mbps ならメールや LINE はもちろんOK、Spotify などの音楽ストリーミングサービスもストレスなく利用できます。
YouTube や DAZN などの画質を調整できるサービスなら動画配信サービスも利用可能。
日常的な使い方であれば事実上の “使い放題” といえます。

povo 2.0 では 最大 128kbps にまで速度制限されるため、オンラインでの動画視聴は絶望的。
インターネットやSNSなどでの写真の読み込みもストレスを感じるレベルの遅さになります。
もうこれだけで、povo 2.0 にする意味はないといえます。

家族割プラス

povo 1.0 は家族割プラスのカウント対象でした。
1.0 の料金自体は割引対象外ですが、家族がピタットプランなど au の他の料金プランなら割引の恩恵を受けられます。

povo 2.0 では、 家族割プラスのカウント非対象になってしまいました。
2.0 にアップデートしてしまうと、家族のスマホ料金の割引きに貢献できなくなります。
家族全体でみると、むしろ料金が上がるという事態もありえます。

au ユーザー向け特典

povo 1.0 では対象になっていた、auご利用料金割引プログラムやau自動車ほけんのauユーザー向け割引など、auユーザーが受けられる特典が povo 2.0 では対象外です。

また、auポイントプログラムステージ制でのスコア付与対象外にもなってしまいます。
もうこれでは、auユーザーこそ povo 2.0 にする意味がないといえます。

LINEの年齢認証

その他、povo 2.0 は LINE の年齢認証サービスに非対応です。
LINE の年齢認証ができるのがキャリア回線の強みだったのに、それすら捨てるとは au はいったい何がしたかったのでしょうか?

povo 2.0 のメリットとは?

ここまで酷いのは見たことがないというほど、povo 1.0 から 2.0 へのアップデートは改悪だらけでした。
める要素が全くないのですが、なんとか povo 2.0 のメリットを活かした有用な使い方がないかを考えてみます。

通話専用回線として

基本料金 0円 で au の音声通話回線が利用できます。
実際はトッピングなしで 180日 経過すると強制解約になってしまうので、180日に一度『データ使い放題(330円)』を購入することで、月額100円ほどの通話専用回線として活用できます。

または『通話かけ放題』トッピングをつけることで、月額1,650円の完全かけ放題回線が手に入ります。
この場合は、強制解約回避のためにデータトッピングを購入する必要はありません。

デュアルSIMで格安スマホ運用

上記のように通話専用とした povo 2.0 と、料金の安いデータ専用の格安SIMをデュアルSIMで運用すれば、スマホ料金を節約できます。
povo 2.0 は eSIM に対応しているので、iPhone や Google Pixel などデュアルSIM対応機種の選択肢は広がります。

組み合わせ方によっては、通話もデータ通信も無制限の “完全つかい放題” スマホ実現可能です。
例えば povo 2.0 に『通話かけ放題』をつけ、mineo(マイネオ)のシングルタイプ 20GB とデュアルSIMにしてみましょう。

料金プラン トッピング 月額料金
povo 2.0 通話かけ放題 1,650円
mineo(マイネオ) シングルタイプ 20GB 1,925円
合計 3,575円

これは、ライバルであるドコモの ahamo に通話かけ放題オプションをつけた場合より500円ほど安くなります。
しかも、データ容量を使い切った後の通信速度は最大 1.5Mbps なので、こちらも ahamo の 1Mbps より速いです。

まとめ

以上 povo 2.0 の改悪っぷりをけなしたうえで、それでも有益な使い道を模索してみました。
現状では通話専用SIMとして安く運用できるため、格安SIMとのデュアルSIM運用というニッチなニーズには応えられそうです。

まあ、でも、通話かけ放題&データつかい放題なら楽天モバイルを使った知る人ぞ知る格安運用術があるので、やっぱり povo 2.0 は使いどころがないなあ。


コメント

タイトルとURLをコピーしました