ドコモ home 5G は買いか?メリット・デメリットをチェック!

インターネット
スポンサーリンク

ドコモから回線工事不要で使える Wi-Fi ルーター「HR01」と、専用の料金プラン「home 5G」が登場しました。
この記事では「home 5G」のメリットとデメリットを比較し、本当に買うべきかどうかを考えます。

スポンサーリンク

ドコモ home 5G とは

回線工事不要で自宅に Wi-Fi 環境が作れるドコモの新サービスです。
「home 5G」の料金プランと専用ルーターの「HR01」がセットになっています。

ルーターの電源を入れるだけで、すぐに Wi-Fi が利用できます。
他社の類似サービスでは、ソフトバンクの SoftBank Air が有名です。

月額料金 4,950円(税込)
データ容量 無制限
通信速度 5G:受信時最大4.2Gbps/送信時最大218Mbps
4G:受信時最大1.7Gbps/送信時最大131.3Mbps
速度制限 あり
事務手数料 3,300円
最低利用期間 なし
解約手数料 なし
各種割引き 最大 -1,100円/月
その他注意点 登録住所以外での使用不可
本体価格 39,600円(税込)
端末割引き 月々サポート:1,100円 × 最大36ヶ月
通信速度 Wi-Fi:最大 1,201Mbps
有線LAN:最大 1,000Mbps
通信規格 IEEE802.11a,b,g,n,ac,ax
2.4/5GHz対応
同時接続台数 65台(Wi-Fi:64台/有線:1台)
かんたん接続機能 あり(WPS、QRコード接続)
サイズ 約170 × 95 × 95mm
重さ 約720g
電源 ACアダプタ(100-120V、50/60Hz)
メーカー SHARP

home 5G のメリット

  • 固定回線より料金が安い
  • 対応エリアが広い
  • 回線工事がいらない
  • データ通信が無制限
  • 契約期間の縛り&違約金がない
  • ルーター代金が実質無料
  • ドコモユーザーならスマホ代も割引き

固定回線より料金が安い

固定回線の「ドコモ光」と比較したとき、戸建て住宅の場合では「home 5G」のほうが安いです。
マンションでは “2年縛りなし” の条件なら「home 5G」のほうが安くなります。

対応エリアが広い

ドコモの 4G(LTE)/5G エリアならどこでも使えます。
ドコモの通信品質は他社(特にS社やR社)より良好で安定しているので安心です。

回線工事がいらない

ドコモの 4G(LTE)/5G エリア内なら、ルーターの電源を入れるだけで使えます。
回線工事は不要で、当然ですが工事費用もかかりません。

データ通信が無制限

スマホやモバイルルーターと違い、月々に使えるデータ通信量の上限はありません。
つまり定額(4,950円)で使い放題です。

契約期間の縛り&違約金がない

最低契約期間(いわゆる “しばり”)がありません。
縛りがないので当然ながら違約金もありません。

ルーター代金が実質無料

月々サポート(端末購入割引き)が効いて、毎月1,100円が最大36ヶ月割引されます。
丸3年間使えば割引額の合計が 39,600円 になるので、ルーターの本体代金(39,600円)が実質無料になります。

分割払いでも一括払いでも月々サポートは適用されます。
ただし、分割払いで36ヶ月以内に解約した場合は、ルーター代金の残りが請求されます。

ドコモユーザーならスマホ代も割引き

ドコモのギガプランの契約者なら、毎月のスマホ料金が最大 1,100円 割引きされる「home 5G セット割」が適用されます。
home 5G 契約者だけでなく、同じ「ファミリー割引」グループ内でギガプランを使っている家族全員が割引対象です。

料金プラン 割引額
5Gギガホ プレミア
ギガホ プレミア
-1,100円
5Gギガライト
ギガライト
ステップ4(~7GB) -1,100円
ステップ3(~5GB) -1,100円
ステップ2(~3GB) -550円
ステップ1(~1GB) 割引きなし

home 5G を契約している限り、割引は永久に受け続けられます。

現金 ¥15,000円 キャッシュバック!!

home 5G のデメリット

  • 登録住所以外では使えない
  • 3G回線には非対応
  • ヘビーユーザーには通信制限あり
  • ドコモ光の割引きと併用できない

登録住所以外では使えない

契約時に登録した住所以外での使用は禁止です。
モバイルルーターのようにキャンプや旅行先で使ったり、車載ルーターとして使ったりはできません。

引っ越しなどで住所が変わった場合に、登録住所を変更することは可能です。

3G回線には非対応

ドコモの3G回線、つまり FOMA には非対応です。
FOMAプラスエリアでカバーされている山奥などでは使えないことがあります。

FOMA は2026年にはサービス終了する予定なので、それまでに 4G/5G のエリアが拡大することに期待しましょう。

ヘビーユーザーには通信制限あり

home 5G はデータ量無制限ですが、あまりに短時間に大量のデータ通信をした場合は速度制限がかかります。

ネットワークの混雑状況により、通信が遅くなる、または接続しづらくなることがあります。また、当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。なお、一定時間内または1接続で大量のデータ通信があった場合、長時間接続した場合、一定時間内に連続で接続した場合は、その通信が中断されることがあります。

具体的なデータ量は公表されていませんが、SNSへの利用者の投稿のなかには100GB以上使っても制限されなかったなどの情報があります。
サービス開始直後なのでまだ制限が緩い可能性もあり、今後利用者が増えることで具体的な制限目安が判明してくると思います。

ドコモ光の割引きと併用できない

「home 5G セット割」と「ドコモ光 セット割」は併用できません。
すでに「ドコモ光」と「home 5G」を両方契約(または同じファミリーグループ内でどちらも契約)している場合は、「ドコモ光 セット割」が優先されます。

自宅のネット回線が「ドコモ光」で、進学で離れて暮らす子どもや単身赴任先では「home 5G」という利用方法を想定しているドコモユーザーは多そうですが、残念ながら2つ合わせて 2,200円 の割引きという美味しい話にはなりませんでした。

ドコモ home 5G が “買い” な人は?

以上のメリット・デメリットから「home 5G」は次のような人が “買い” だといえます。

  • 引っ越しが多い人
  • 進学や単身赴任で短期間だけ一人暮らしの人
  • 自宅に光回線が引けない人
  • 固定回線より料金を安くしたい人

逆に、日頃から大量のデータ通信を利用するようなヘビーユーザーには向きません。
ルーターの HR01 は65台同時接続できますが、利用者が多いとそのぶん短時間でのデータ利用量も増えて通信制限を喰らう可能性があるため、家族の多い家庭にもオススメできません。

当然ですが、ドコモの 4G(LTE)/5G エリア外のお住まいの人にも不向き(というかそもそも利用不可)です。

現金 ¥15,000円 キャッシュバック!!

home 5G はどこで買うと得?

home 5G の契約とルーターの購入は、

  • ドコモショップ
  • ドコモ オンラインショップ
  • 家電量販店
  • その他の代理店(オンライン)

でできます。

どこで買うかでもらえる特典が異なります。

ドコモショップなら dポイント がもらえる

ドコモショップで「home 5G」を契約すれば、特典として dポイント がもらえます。
ただし、もらえるポイントは「期間・用途限定」です。

ドコモショップ 10,000ポイント
ドコモオンラインショップ 15,000ポイント

もらえるポイントが多く、3,000円の事務手数料が無料になる ドコモオンラインショップ のほうがオススメです。

代理店なら現金キャッシュバックがもらえる

代理店のアイ・ティー・エックスから購入すれば、15,000円 の現金キャッシュバックが受けられます。
現金なので利用期間や用途の制限は当然ありません。

\現金 ¥15,000円 キャッシュバック/
アイ・ティー・エックスのサイトへ移動します

オンラインで申し込みができ、ルーターは郵送で届きます。
代理店を通したからといって月額料金やルーター代金が変わることはありません。
月々サポートなど各種の割引きもドコモショップ同様に受けられます。

15,000円分のdポイントをすぐに使い切れるのであればドコモオンラインショップで、何にでも使える現金キャッシュバックがいいなら代理店経由がいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました