dカード GOLDに騙されるな!契約者を地獄に落とす大きな罠

生活の節約術
スポンサーリンク

dカード GOLD はドコモが発行する年会費 11,000円(税込)のクレジットカード 。
TVコマーシャルやインターネットのバナー広告でウザいほどお馴染みのゴールドカードです。

これね

広告では「メチャクチャお得なカード」とうたっていますが、賢い当ブログ読者の皆さんはだまされてはいけませんよ。
dカード GOLD はうかつに手を出すと確実に損する地獄のクレジットカードなんです。

スポンサーリンク

dカード GOLD の『お得』(byドコモ)

まずは dカード GOLD の広告で吹聴されている「お得」をチェックしておきましょう。
ドコモには年会費無料の「dカード」という普通のクレジットカードもあるので、それと比較すると分かりやすいです。

    dカード GOLD dカード
1 年会費 11,000円 無料
2 家族カード年会費 1枚目 無料
2枚目以降 1,100円/枚
無料
3 通常ポイント還元率 1% 1%
4 優待ポイント還元率 9%
5 dカードケータイ補償 最大 10万円 最大 1万円
6 お買い物あんしん保険 年間 300万円 まで 年間 100万円 まで
7 国内旅行保険 最大 5,000万円
8 海外旅行保険 最大 1億円
9 海外 緊急カード発行 無料 11,000円
10 空港ラウンジ利用
11 dカード ゴールドデスク
12 年間ご利用額特典

dカード GOLD は年会費が 11,000円 もかかるだけあって、dカード に比べて補償内容や特典が手厚いです。
裏を返せば、この一見手厚い補償や特典に年間1万円以上も払う価値がなければ、ドコモの吹聴する「お得」は契約者を損させる “罠” だということです。

dカード GOLD の罠 | dポイント10%還元

dカード GOLD 最大の「お得」が 4 の優待ポイントで、これが「dポイントが毎月10%還元」という例のやつです。
dカード GOLD の公式ページでも『年会費相当をポイント還元!』と謳っており、これだけで年会費1万円のもとが取れてしまうのだとか。
実際、この特典につられて dカード GOLD を契約しちゃう人が多数いるようです。

しかし、これこそ大きな罠なんです。

10%ポイント還元はドコモのスマホ料金だけ!

まず、10%還元されるのは「ドコモのスマホ料金」と「ドコモ光の料金」だけという縛りがあります。
その他のカード利用では通常還元率の 1% しかポイント還元されません。
ドコモのスマホもドコモ光も契約していない人は一切恩恵の受けられない特典なのです。

しかも、この 10% という数字はdポイントクラブ会員なら誰でももらえる通常ポイント還元の 1% を含むため、厳密に言うと dカード GOLD だけの特典は 9% が正解。
たった 1% の差ですが 9% と 10% ではインパクトの差は歴然で、みんなこれに騙されちゃうんですね。

10%ポイント還元は1回線分だけ!

特典のポイント還元の対象は、dカード GOLD が登録された dアカウント と紐づいたドコモ回線・ドコモ光の料金だけ。
dカード GOLD 1枚につき1回線分しかポイント還元されません。
家族全員がドコモのスマホで料金を合算払いしていた場合でも、特典ポイントがもらえるのはそのうち1回線だけです。

「家族全員ドコモで毎月1万円以上払ってるから “10%ポイント還元” で年会費チャラだね」と思っていると痛い目にいますよ。

10%ポイント還元は100円ごとじゃない!

さらにさらに、この 1+9% は利用料金 1,000円(しかも税抜)につき 100ポイント というかたちで付与されるため、千円未満はポイント付与対象外。
税抜の利用料金が 1,000円 でも 1,999円 でも、もらえるポイントは同じ 100ポイント です。

ドコモのスマホ料金とドコモ光の料金以外は 100円(税込)につき 1ポイント 付与なだけに、ここは引っかかりやすい罠です。

『年会費相当をポイント還元!』は高難易度

10%ポイント還元の罠をまとめると以下のとおりです。

10%ポイント還元の罠
  • 対象は「ドコモのスマホ料金」と「ドコモ光の料金」のみ
  • dカード GOLD としての特典は 9%
  • 対象は dカード GOLD 1枚につき1回線分だけ
  • 利用料金 1,000円(税抜)ごとに 100ポイント

つまり、月々の料金支払い額がドコモのスマホ1回線分とドコモ光をあわせて 11,000円(税抜)を超えないと、年会費相当分をポイントで取り返せないことになります。
これは、ドコモ主流の料金プラン「ギガホ プレミア」または「ギガライト」の最大料金とドコモ光の合計金額に相当するため、特典ポイントで年会費を相殺そうさいするのはかなりハードルが高いといえます。

dカード GOLD | その他の罠

dカード GOLD の「10%ポイント還元」以外の特典にも “罠” が仕込まれています。

ケータイ補償10万円

10万円も補償してくれる 5 の「ケータイ補償」を見てみましょう。

dカードケータイ補償とは、ご利用中の携帯電話端末が、ご購入から1年以内(dカード GOLD会員の方は3年以内)に、偶然の事故により紛失・盗難または修理不能(水濡れ・全損等)となってしまい、新たに同一機種・同一カラーの携帯電話端末をドコモショップ等で、ご契約中のdカードを利用してご購入いただいた場合にご購入費用の一部を補償する、dカードの会員向けの特典です。

これ実は、対象になる端末はドコモで購入履歴の追えるもので、他社(au とか ソフトバンク とか)のスマホやSIMフリー機は対象外
つまり、割高なドコモスマホをドコモショップで買うような模範的ドコモユーザー向けの特典です。

コマーシャルでは「dカード GOLD はドコモの人もそうじゃない人も…」なんて言ってますけどねぇ。

年間ご利用額特典

12 の「年間ご利用額特典」です。

前年の年間ご利用額累計が、100万円(税込)以上、200万円(税込)以上のお客様にそれぞれ11,000円相当、22,000円相当の選べる特典を進呈いたします。

年間100万円以上利用してたったの 1% です。
しかも、もらえるのはドコモのサービスかドコモのスマホ本体の購入時にしか使えない超限定的クーポン。
これを『特典』と言ってしまってよいのでしょうか?

年会費相当をポイント還元する裏ワザ

以上から、dカード GOLD の年会費を 10%ポイント還元 の特典だけで取り返すためには、毎月ドコモのスマホに1回線だけで 11,000円(税抜)以上払わなければいけないことがわかりました。

しかし、最近のドコモには以前よりも料金の安いプランしかありません。
月々の料金は税抜で「ギガホ プレミアム」でさえ 6,550円 で済みますし、「ギガライト」だと 3,150~6,150円 で収まります。
年会費相当をポイント還元するには毎月 5,000~6,000円 足りません。

裏ワザ① | 家族カードで馬力アップ

まず、dカード GOLD の家族カードを作るのが非常に効果的な裏ワザ。
1枚目は無料、2枚目以降でも年会費 1,100円 で最大3枚まで作れます。

家族2人以上がドコモのスマホなら、家族カードと家族のドコモ回線を紐づけてしまいましょう。
これで最大4回線分の料金が 10%ポイント還元 の対象に。
家族4人が全員「ギガライト」の最低料金 3,150円(税抜)でも、ポイント還元対象が合計 12,000円 に達します。
家族カードの年会費(最大2,200円)を入れても元が取れる計算になりますね。

家族カードで付与されたポイントは本カードの dアカウント に集約されますが、ポイント共有サービスを使えば家族で共有することもできます。

裏ワザ② | 自宅のネット回線は「ドコモ光」に

dカード GOLD の 10%ポイント還元 は「ドコモ光」の料金にも適用されます。
ということで、自宅のインターネットを ドコモ光 にしましょう。

ドコモ光の月額料金は 4,000~5,400円(税抜)なので、あとはドコモの月額スマホ料金が 6,000~7,000円(税抜)なら年会費相当のポイントがゲットできます。

裏ワザ③ | ahamo ならムダがない

dカード GOLD の 10%ポイント還元 はドコモのスマホ料金に対し「1,000円(税抜)につき 100ポイント」ですが、ahamo だけは「100円(税込)につき 10ポイント」付与されます。
100円単位が切り捨てられず、さらに税込金額に対してなのでムダがありません。

ahamo の月額最低料金は税込みで 2,970円 なので、毎月 290ポイント がゲットできます。
自宅のネット回線が ドコモ光 なら、家族3人が ahamo でも①の家族カードとの合わせ技で年会費相当分のポイント還元の条件はクリアです。

なお、特典として ahamo の月々のデータ容量が 5GB アップするので、裏ワザ前提なら dカード GOLD と ahamo の組み合わせは最強かもしれません。

dカード GOLD の罠 | まとめ

このように、コマーシャルでさんざん「お得」を主張している dカード GOLD ですが、本当に「お得」といえるのは「10%ポイント還元」の特典だけ。
しかも、ドコモ1回線で毎月 11,000円(税抜)以上の料金を支払っている限られたユーザーしか恩恵を受けられません。

裏ワザ使用で多少は恩恵を享受きょうじゅできる人が増えますが、その裏ワザもドコモユーザーであることが大前提。
ドコモユーザーじゃなければ確実に損をする、絶対にオススメできない地獄のクレジットカードです。

しかし逆に、月々のドコモの料金(家族含む)と ドコモ光 の料金を合わせて 11,000円(税抜)を超えていれば、特典ポイントで年会費を相殺することが可能。
条件に合致するドコモユーザーに限れば、超絶オススメな天国のクレジットカードともいえます。

dカード GOLD は通常還元率 1% という高還元率で dポイント が貯められますが、ドコモユーザー以外でどうしても dポイント を貯めたいならゴールドじゃない「dカード」という選択肢もあります。
年会費無料なのに通常還元率は dカード GOLD と同じ 1% なので、ほとんどの人は dカード で十分でしょう。

年会費が取れないからTVのコマーシャルや広告を見ることはほとんどありませんが、本当はこっちのほうが “ドコモの人” も “そうじゃない人” も『お得』なんですけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました