【違う、そうじゃない】ドコモの新料金プラン「irumo」が残念すぎる件 | ちーぷな!!

【違う、そうじゃない】ドコモの新料金プラン「irumo」が残念すぎる件

格安SIM

当ブログには、アフィリエイト・Google AdSense による公告を掲載しています。
記事内のリンクには、アフィリエイトリンクが含まれます。

NTTドコモが新しい料金プランの「irumo(イルモ)」を発表しました。
irumo はライトユーザー向けの手ごろな低料金プランですが、その内容はまさに改悪ともいえる残念なものでした。

この記事では、ドコモの新料金プラン「irumo(イルモ)」の内容と、残念な点(一部良い点も)を説明します。

irumo(イルモ)って何なの?

NTTドコモが7月1日からサービス開始する新しい料金プランです。
公式には以下のように発表されています。

「irumo」は、生活に関わるさまざまなモノの価格が値上げされるなか、生活に不可欠となったスマホ代を少しでも安く抑えたいというお客さまのニーズに応えて、カスタマーサポートなどドコモの高品質なサービスを低廉な料金で利用したいお客さま向けの料金プランです。

NTTドコモ – 報道発表資料より

公式には “新”料金プラン ですが、合わせて実質ドコモのサブブランドである「OCN モバイル ONE」の新規受付終了も発表されており、事実上は『OCN モバイル ONE の看板の掛け替え』です。

irumo の月額料金

irumo の料金は下の表のとおりです。

プラン(データ量)0.5GB3GB6GB9GB
月額料金(割引適用前)
550円
2,167円2,827円3,377円
月額料金(割引適用後)880円1,540円2,090円

データ容量が 0.5GB から 9GB まで4種類のプランが用意されていますが、3GB以上の3プランは各種割引を適用しないとコスパの悪い高額プランになってしまいます。
irumo をメイン回線に選ぶなら dカード払い と ドコモ光 をセットにして、割引を全て適用しないと意味がありません。
完全にドコモ経済圏にどっぷり浸かったユーザー狙いです。

一方、新規受付を終了した前身の OCN モバイル ONE の料金プランは以下の通り。

プラン(データ量)0.5GB1GB3GB6GB10GB
月額料金550円770円990円1,320円1,760円

irumo の料金は割引を適用したところで、OCNや他の格安SIMと同等か少し高いくらいです。
ドコモ純正(OCNはあくまでMVNOという位置付け)の高品質なネットワーク網が利用できるとはいえ、これはあからさまな値上げです。

irumo の通信速度

irumo の通信速度は下の表の通りです

プラン(データ量)0.5GB3GB6GB9GB
ネットワーク4G/LTE5G
通信速度3Mbps100Mbps以上
通信速度(データ超過後)128kbps300kbps

1GB以上の3プランは5Gの高速モバイルネットワークが利用できますが、0.5GBのプランは4G/LTEのみで最大3Mbpsに通信速度が絞られます。
また、データ容量を使い切ったあとは 300kbps に速度制限されます。
0.5GBプランではさらに遅い128kbpsにまで制限されます。
この速度では動画は全く見れず、静止画の読み込みにもストレスを感じる遅さです。

なお、前身のOCNでは以下のような通信速度でした。

プラン(データ量)0.5GB1GB3GB6GB10GB
ネットワーク5G/4G/LTE
通信速度100Mbps以上
通信速度(データ超過後)200kbps

irumo の3GB以上のプランではデータ超過後の制限速度がわずかに速くなっていますが、0.5GBのプランではOCNのときより低速になってしまいました。

また、OCNでは速度切り替えにより任意のタイミングで低速通信に切り替えることでデータ容量を節約することができましたが、irumo にはそのような機能はありません。

さらに irumo では、OCNではできた余ったデータ容量の次月繰り越しができません
この件についてドコモのサポートに問い合わせてみましたが、

「irumo」における余ったデータ量の繰り越し可否については、現時点で当方にご案内できる情報がございませんでした。

という驚くべき回答が得られました。
可能性はゼロではありませんが、そもそもそんな大事なことを詰めずにサービス提供を発表してしまったのか?!

irumo の通話料金

irumo の通話料金は他のドコモの料金プランと同じ 22円/30秒 です。
残念なことに無料通話はついていません。
irumo では、無料通話は有料オプションです。

プラン(データ量)0.5GB3GB6GB9GB
国内通話料22円/30秒
SMS通信料(国内)3.3円/回(受信料 無料)
かけ放題オプション1,980円/月
5分通話無料オプション880円/月
ドコモメールオプション330円/月

まあ、“ライトユーザーは電話をかけない” という認識なら無料通話のオプション化には納得ですが…
ただ、9GBのプランに5分間無料通話をつけると、割引を適用しても同じドコモの ahamo と料金が変わらないというのはどうかと思います。

なお、前身のOCNの通話料金は以下の通りです。

プラン(データ量)0.5GB1GB3GB6GB10GB
国内通話料(OCNでんわ)11円/30秒
その他の通話料22円/30秒
SMS通信料(国内)3.3円/回(月内6通目以降)
合計10分無料通話無料
10分かけ放題935円/月
トップ3かけ放題935円/月
完全かけ放題1,430円/月

あまりにも露骨な値上げです。
通話料も無料通話オプション料金もOCNより高くなっています。

また、irumo ではキャリアメールの利用も有料オプションです。
ドコモのメールアドレスを利用している人は要注意です。

irumo どこが残念?

irumo は月々のデータ利用量が少なく安い料金を望むユーザー向けのプランです。
にもかかわらず、前身の OCN モバイル ONE より料金が高いというのはいかかがなものでしょうか?

また、6GB・9GB プランの存在意義にも疑問が生じます。
この容量を “少ない” データ量とは言わないでしょう。
ぶっちゃけこのデータ量なら、格安SIMのほうがはるかにコストパフォーマンスに優れます。
例えば mineo であれば、10GBで 1,958円(税込)のうえデータ量を使い切っても 1.5Mbps で使い放題です。

マイネオ
5Mbps 中速データ通信が使い放題
家族・友達とパケットをシェアできる
☝ ここから申し込むと初回事務手数料(3,000円)が無料になります

irumo は各種割引を適用しなければデータ容量の割に高額なプランです。
ボッタクリと言っても過言ではありません。
特に、自宅のインターネット回線が ドコモ光ドコモ home 5G ではない人には全くオススメできない料金プランです。

だいたい『月々のデータ利用量が少なく安い料金を望む』ユーザーなら、大人しく格安SIMを選んでおけばいいんです。
irumo を選ぶくらいなら、IIJmiomineo を選んだほうが100倍幸せになれます。

irumo ここだけは良いところ

このように、OCN モバイル ONE を終了させてまで始めたくせに、ドコモ光dカード のユーザーでなければ確実に損をする新料金プランの irumo ですが、おそらく多くのユーザーが見向きもしないであろう「0.5GB」のプランだけはオススメできます。
このプランは現行の「ケータイプラン」からの乗り換え先として有効です。

ケータイプランはいわゆるガラケー向けのプランで、スマホが主流の現在ではメインの回線にはなりませんが、ドコモの回線契約必須の各種サービスを利用するためのサブ回線として利用価値があります。
ケータイプランでは100MBのデータ通信とキャリアメールが利用でき、月額1,507円(税込)で各種割引を適用すれば1,200円ほどになります。

irumo 0.5GB プランならデータ容量は 500MB あり、料金はドコモメールオプションをつけても 月額880円(税込)です。
データ容量を使い切った後の制限速度はどちらも同じ 128kbps なので、これは完全な上位互換です。

また、dカード と ドコモ光ドコモ home 5G のユーザーであれば、3GBプランなら格安SIMと比べてもコストパフォーマンスで優位に立ちます。

だが、irumo の反撃もここまでです。

まとめ

以上、ドコモの新料金プラン irumo の残念な内容を紹介しました。

実質サブブランドの OCN モバイル ONE を新規受付終了させてまで始めた割には、ほとんど全てにおいて値上げとサービス内容の改悪でしたね。

はっきり言って、irumo が狙う客層は格安SIMで十分満足できる層です。
テレビのCMやネットの広告を見て「irumoはイイな」と思ったアナタ。
悪いことは言いません、まずは格安SIMを検討してみてください。

マイネオ
5Mbps 中速データ通信が使い放題
家族・友達とパケットをシェアできる
☝ ここから申し込むと初回事務手数料(3,000円)が無料になります

コメント

タイトルとURLをコピーしました