PayPay改悪|乗り換えるなら“何ペイ”が最適?

PayPay 超改悪祭 開催決定!! アプリ

※ この記事内の商品・サービスへのリンクにはプロモーションが含まれます

QRコード決済シェア1位の PayPay(ペイペイ)が大改悪を断行し、多くのユーザーから非難の声が上がています。
高いポイント還元率と利用できる店舗の多さで圧倒的な支持を得ている PayPay は、なぜ改悪に踏み切ったのでしょうか。
また、改悪 PayPay の利用はもうやめるべきなのでしょうか?

この記事では、PayPay 改悪内容と乗り換えに最適な他社QRコード決済について考えます。

PayPay の改悪内容

2023年8月1日から実施される PayPay の仕様変更(改悪)は、大きく以下の2点です。

  1. クレジットカードでの決済ができなくなる
  2. チャージに手数料がかかる

PayPayでの支払いに PayPayカード(PayPayカード・PayPayカード ゴールド)以外のクレジットカードが利用できなくなります
このため、リクルートカード のような本家PayPayカードより還元率の高いクレジットカードを使ってポイントを稼ぐことができなくなりました。

PayPayカードを含めた全てのクレジットカードは、7月上旬からアプリへの登録ができなくなります
ただし、PayPayカードのみ PayPayあとばらい に登録することでPayPayの決済に使用することができます。
つまり、PayPayでの支払い方法が『PayPay残高』か『PayPayあとばらい』の2択になるということです。

また、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いからのPayPay残高へのチャージに手数料がかかります
これまで手数料なしで毎月何回でもチャージできていましたが、改悪後は毎月2回目以降のチャージに2.5%の手数料がかかります。
手数料がかかるのは ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い(いわゆるキャリア決済)からのチャージだけで、銀行口座コンビニATMからは今までどおり無料でチャージできます。
そのため、ソフトバンクやワイモバイルのユーザー以外には特に関係のない変更点といえます。

PayPay なぜ改悪

一時は乱立していたQRコード決済市場も淘汰・統合が進み、現在は PayPay楽天ペイd払い の3強と auPay・LINE Pay など数社の中堅サービスが生き残る状況にまで落ち着いてきました。
サービス開始当初は採算度外視ともいえる施策でユーザー獲得・シェア拡大を目指してきましたが、市場が落ち着いてきた今は初期の投資を回収するフェーズに入ったといえます。

つまり、ユーザーを自社サービスである PayPayカードPayPayあとばらい に誘導し、PayPay利用による利益を集約するのが目的です。

この傾向は他のQRコード決済にもみられ、楽天ペイ や d払い でも自社カード以外のクレジットカードでの決済に基本ポイントが付与されない仕様になっています。
PayPayがさらに一歩踏み込んだ囲い込み戦略を実行したことで、他社サービスも追随するかもしれませんね。

乗り換えるなら “何ペイ” ?

今回のPayPayの改悪で最も影響を受け、他社QRコード決済サービスへの乗り換えを検討するべきユーザーは以下の2通りといえます。

  • PayPayカード以外のクレジットカードで決済しているユーザー
  • PayPayあとばらい は絶対に使いたくないPayPayカードユーザー

そのため、PayPayカードも含めた他社クレジットカードも決済に使用できるQRコード決済サービスが乗り換えの候補になります。

楽天ペイ

シェア2位の 楽天ペイ では自社サービスの 楽天カード の他に、Visa・Mastercard・JCB・American Express の各種クレジットカードが登録できます

楽天ペイの利用による基本ポイントは付与されませんが、各クレジットカード独自の決済ポイントは得られます。
例えば、楽天ペイに リクルートカード を登録して使用した場合は楽天ポイントはもらえませんが、1.2%のリクルートポイントはもらえます。

楽天ペイ-楽天ポイントカードも利用できるスマホ決済アプリ

楽天ペイ-楽天ポイントカードも利用できるスマホ決済アプリ

Rakuten Group, Inc.無料posted withアプリーチ

d払い

シェア3位の d払い では自社サービスの dカード の他に、Visa・Mastercard・JCB・American Express の各種クレジットカードが登録できます

d払いの利用による基本ポイントは付与されませんが、各クレジットカード独自の決済ポイントは得られます。
例えば、d払いに リクルートカード を登録して使用した場合はdポイントはもらえませんが、1.2%のリクルートポイント(dポイントへ等価交換可能)はもらえます。

d払い-スマホ決済アプリ、キャッシュレスでお支払い

d払い-スマホ決済アプリ、キャッシュレスでお支払い

株式会社NTTドコモ無料posted withアプリーチ

自他社問わずクレジットカードの登録できるQRコード決済は他にもありますが、利用できる店舗数の多さから上記2サービスを推奨します。

ただし上記サービスであっても、今後PayPayに追従して他社クレジットカードの閉め出しを行う可能性がありますので、各サービスからのお知らせはこまめにチェックしておきましょう。

まとめ

2023年8月1日から実施される PayPay の改悪内容は主に以下の2点です。

  • クレジットカードでの決済ができなくなる
    7月上旬から全てのクレジットカードのアプリへの登録ができなくなります
    PayPayカードのみ PayPayあとばらい に登録することで決済に利用できます
  • チャージに手数料がかかる
    ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いからのPayPay残高へのチャージには、毎月2回目以降 2.5% の手数料がかかります

PayPay 改悪に伴い、乗り換えを検討するべきなのは以下の2通りのユーザーです。

  • PayPayカード以外のクレジットカードで決済しているユーザー
  • PayPayあとばらい は絶対に使いたくないPayPayカードユーザー

PayPay からの乗り換えに最適なQRコード決済サービスは以下の2つです。

  • 楽天ペイ
    シェア2位
    Visa・Mastercard・JCB・American Express の各種クレジットカードが登録できます
  • d払い
    シェア3位
    Visa・Mastercard・JCB・American Express の各種クレジットカードが登録できます

コメント

タイトルとURLをコピーしました